エロチャットでおしっこぶっかけや手マン潮吹きオナニーなんかも楽しめるって本当?

どんな女の子がやっているの?

エロチャットで相手をしてくれる女性を「チャットレディ」と言いますが、どんな女性がチャットレディをやっているのでしょうか。
今回は、画面の向こうのチャットレディについての話題を紹介します。

どんな女の子がチャットレディをやっているの?

風俗嬢のお小遣い稼ぎになっている場合も多くありますが、ごく普通のOLや主婦も参加しています。
チャットレディになるためには、ビデオチャットを利用してサイト運営会社と面接をする必要がありますが、18歳以上であればほぼ誰でも採用されます。
経歴が問われることもありません。
エロチャットでは、サーバが海外にあるなどの理由で日本では考えられない過激なエロい映像が観られることがありますが、その海外では特に青少年と性についてナーバスであり、現地の法に触れることになりますから、チャットレディの「18歳以上」という条件は厳しく遵守されています。

チャットレディの目的は?

チャットレディはPCとWebカメラがあれば誰でもできますが、現在ではスマホでも配信できるため、さらに身近になっています。
彼女たちは男性とやり取りをすることによって収入を得ることができますが、巧く行けば時給換算で何千円にもなります。
大変可能性のあるアルバイトだと言えるでしょう。
例えば学生さんやOLが学校や勤務の後に風俗店でがっつりバイトしようとしても、24時で退勤しなければなりません。
一方エロチャットは今の所風営法の規制を受けていませんので、何時まででも配信することができます。
視聴が盛んに行なわれる時間帯は深夜になりますから、高額な副収入が狙えると言う訳です。
自宅が映されるのを嫌って運営会社の事務所で待機するチャットレディもいますが、自宅から配信するのであれば出勤する時間も節約できます。
画面の向こうでチャットレディをやっている女の子は風俗嬢ばかりではなく、普通の女の子も多くいます。
普通の女の子が見せてくれるエロい姿は趣き深いですよね。

アダルトビデオよりも楽しいエロチャットの魅力とは

最近人気があるエロチャットよりアダルトビデオの方がいい!と思っている方もいると思います。
無理強いするわけではないですが、エロチャットにはエロチャットでしか味わえないエロがあるのです。
ここでは「アダルトビデオよりも楽しいエロチャットの魅力とは」についてお話していきたいと思います。

エロ動画は受動的

完成されたものを見るというのがエロ動画です。
エロチャットの場合は自分で作り上げていくものとなります。
参加型とも呼べるかもしれません。
自分がこうして欲しいというシチュエーションやコスプレ、またはオナニーの仕方などなど…会話も含めて女の子との時間を楽しむことができます。

ネットの風俗!?

AVでヌクのと風俗でヌクのではどちらが良いですか?

もちろん人によって個人差はありますからAVの方がいい!なんて方もいると思いますが、大半の男性は風俗を選択すると思います。
基本的にこちらの指示通りのプレイを楽しむことができます。
エロチャットの場合、ネットを経由していますから直接触れることはできませんが、流れ的には風俗と似たようなものです。
自分好みの女の子を指名して、会話をしたりエッチなことをしたり…このようなことはAVではできません。

性癖をオープンにできる

少数意見の○○フェチというものがあります。
人によってはおへそフェチ、耳フェチ、歯フェチなどなど…。
これらのフェチをAVで満たすのは難しいと言えます。
しかし、エロチャットの場合でしたら、そのような少数派と言われるようなフェチを満たすことも可能です。

2ショットチャットなら恋人気分も味わえる

性欲のみならず、心も満たすこともできてしまいます。
理想の可愛い女の子と2人っきり…。
スマホやパソコンからすぐにでも会うことができます。
AV女優と一般人という非現実的なものではなく、一般人と一般人ですからよりリアリティーを感じることができます。
リアルタイムに彼女の隅々を堪能することもできてしまいます。

エロ動画より凄いエロチャットはどんなことが出来るのか

エロチャットを良く知らないという方や、興味はあるけどどんなものかまでは詳しくないという方も大勢いらっしゃるようです。
ここでは「エロチャットはどんなことが出来るのか」、エロチャットによくよせられる質問などにも答えながらお話していきたいと思います。

エロチャットとは何か?

エロチャットというものは、インターネットを介して素人の女の子とチャットをすることができるコミュニケーションサイトのことを言います。
全国各地の女の子の表情や声などをリアルタイムに見ながら楽しくチャットすることができます。
多数の女の子がいますので、自分好みの女の子を探してチャットに参加してみて下さい。
チャットには大きく分けて2つの方法があります。
マルチチャット(パーティーチャット)と2ショットチャットです。
2ショットチャットの場合、カメラやマイクを使用してお互いの顔を見て会話をすることも可能です。
マルチチャットの場合、メインとしてチャットすることも可能ですが、覗きとして自分の名前(ニックネーム)等を公開することなく利用することも可能です。

エロチャットでどんなことができるのか?

基本的ににはどのようなこともすることができます。
会話も楽しむのも良いですし、エッチなことを楽しむこともできます。
基本的な流れとしては【挨拶】→【日常会話】→【次第にエッチな話】→【脱衣のお願い】→【オナニーのお願い】というような流れになります(アダルトチャットの場合)。
ノンアダルトの場合は脱衣以降のものがありませんのでご注意下さい。
2ショットチャットでは、他のお客さんに邪魔されることなくお気に入りの女の子を独占して、音声や映像を利用したチャットを楽しむことができます。

アダルトサイトなのか?

これはサイトによっても、サイト内で提供しているものによっても異なります。
アダルトサイトでも、パフォーマンスに関してはチャトレによっても異なりますので無理強いするのは避けた方が良いかもしれません。
すぐ脱衣してエッチな要望に応えてくれるという女の子もいますし、仲良くなってからでないと嫌という女の子もいます。
様々な女の子がいますので、口説くのも楽しみの要素の1つくらいに思って利用されるのが良いかもしれません。

違法行為にはならないのか?

なりません。
国内大手のエロチャットに関しては「映像配信型性風俗特殊営業届出」をしてありますので違法になることはありません。
また、監視体制もしっかりしていますので「公然わいせつ罪」や「脅迫罪」などにならぬよう24時間365日監視体制をとっています。

どんな女の子がいるのか?

インターネットを介してという表示があるように、全国各地からネットや雑誌などの募集してきた一般素人の18歳以上の女の子たちです。
様々なタイプの女の子が在籍していますので、職業はもちろん年齢やタイプなども異なってきます。
また、チャットブース(事務所などが用意するチャット専用の部屋)からの配信もあれば、自室からのもの、または漫画喫茶やホテルからの配信ということもあります。
映像や音声に関しては、置かれている状況や環境によっても異なってくる場合がありますので、その点はご了承下さい。

エロチャットを楽しむポイント

楽しみ方は人それぞれです。
擬似恋愛を楽しみたいということもできますし、AVは見飽きたから新しいオナニーのオカズに…なんて人もいます。
基本的には【挨拶】→【日常会話】→【次第にエッチな話】→【脱衣のお願い】→【オナニーのお願い】という流れで進むことが良いとされています。
手マン潮吹きパフォーマンス&性器が映りこんでしまうハプニングもある過激ギリギリアウトのらいぶちゃっとも多数ありますので、求める刺激度合いによって利用するサイトを使うことになります。
アダルト要素の強いエロチャットではありますが、相手も1人の人間だということを忘れてはなりません。
お互いに楽しめ合えてこそ本当に楽しめるチャットになるのではないでしょうか。
エロチャットに登録している女の子はたくさんいますから、皆さんもお気に入りの女の子を見つけてみて下さい。

エロチャットで男も稼げる?

エロチャットでは女の子が待機しているのが普通だと思われていますが、「チャットボーイ」を擁するメンズチャットというものもあります。
男性でもエロチャットで稼ぐことができる訳です。
今回は、メンズチャットについて紹介します。

準備には何が要るの?

メンズチャットを始めるための準備は、女の子の場合と代わりません。
一般的なスペックのPCに、Webカメラとヘッドセットマイクが基本です。
カメラとマイクは安いものなら合わせて2,000円程度でもあり、気軽に手に入ります。
もちろん文字だけでのやりとりもできますからマイクは必須ではありませんが、声を聞きたがるユーザーが多いので持っておいた方が良いでしょう。
ちなみにサイトへの登録は無料でできますが、完全に歩合制なのでユーザーとのやり取りをどれだけこなすかがポイントになります。
この場合、服装や髪型、自分の背後の様子などはある程度こざっぱりさせることをお勧めします。
一覧表示されている待機リストから誰を選ぶかはユーザー任せになりますが、清潔感があった方がアクセス件数を上げやすくなります。

どんな内容になるの?エロあり?

メンズチャットではノンアダルトが一般的です。
男性はフィニッシュ回数に限度があるため、アダルト配信に向いていないからです。
利用者は女性ばかりかと思いきや、ゲイの方々も多く利用するようで、いずれの相手にも応対できるのが理想です。
ノンアダルトとはいいながらも話題がエロい方向に行くのは、運営会社の方針としても法律的にも全く問題がありません。
むしろ深夜はエロ話でいかに盛り上がることができるかが勝負になるようです。
コアタイムはだいたい23時から2時まで位で、この時間にPCの前に待機できればちょっとした副収入を稼ぐことができそうです。
利用者にゲイがいる、というのが以外でしたが、家にいながらできるちょっとしたアルバイトとしては面白さがあると思います。

次のページへ >

更新日:

Copyright© オナ電って激ヤバ!エロイプ生オナ電話エッチのコツとおすすめサイト情報 , 2018 AllRights Reserved.