エロイプのコツはムード作り!理性を飛ばしてしまえばあとは簡単

性欲に飢えている奥さんにとってエロイプはオアシス

これまで10人ぐらいの奥さんとエロイプをやってきました。
どの奥さんにも共通しているのが、見て分かるぐらい性欲に飢えているということです。
結婚をしているのにエロイプをやるぐらいですから、かなりの欲求不満であることが容易に想像できるわけです。
旦那さんとセックスレスになっていたり、そもそも一緒に過ごす機会がほとんどないというパターンもあります。
そんな性欲に飢えている奥さんにとって、エロイプはオアシスなのでしょう。
専業主婦だと交友関係も狭いでしょうし、当然不倫をするわけにもいかないでしょうから、そうなればエロイプだけが性欲を満たせる数少ない手段となるわけです。
エロイプであれば、旦那さんに知られることもまずないでしょうし、色々な男性とエッチな会話や擬似セックスができますから、奥さんにとっては理想の存在でもあるのです。
お互いの姿を見ることができるので、チャットやテレフォンセックスに比べても、より大きな興奮を得ることができるでしょうから、それもまた人気となっている1つの要因なのでしょう。

疲れている時はぽっちゃり巨乳のお姉さんに癒される

普段エロイプをする時には、細くてスタイルのいい女の子を選んでいるのですが、たまに仕事でドッと疲れている時には、ぽっちゃり巨乳のお姉さんに癒されるのが好きなのです。
私は、決してぽっちゃりが好きというわけでもありませんし、おっぱいに関しても必要以上に求めているわけではありません。
ただ、疲れている時だけは、少しぽっちゃりで尚且つ巨乳の女性を見たい気持ちになるのです。
豊満なバストに包まれて、ふくよかな体で抱きしめられるシチュエーションを想像すると、溜まった疲労が一気に解き放たれていくのです。
スタイルのいい女性は、性欲解消や楽しくエロイプをするのには向いているのですが、こうやって落ち着きながら楽しみたい時には、少し太り気味なぐらいがちょうどいいのです。
もっとも、何度も言いますが好みのタイプではありませんから、リアルでセックスをするということはありませんし、実際に会ってエッチをするならやっぱり細身の女性の方がいいです。
あくまでエロイプだからこそ、こういった楽しみ方ができるわけです。

チャットよりスカイプの方が経済的

私は週に1回ほどアダルトチャットを利用して、性欲や夜の寂しさを癒していました。
もちろん、チャットの方も質の高いサービスを提供してくれますし、エッチな会話をするのも凄く楽しいです。
ただ、如何せんアダルトチャットはお財布に厳しいのです。
1時間も利用すれば7000円ぐらいの出費を強いられることになるわけです。
それを週に4回やっただけでも、月に3万円近くかかってしまうことになります。
なので、できればお金をかけることなく、エッチな会話をしたいと思っていたのです。
そんな時に、スカイプを活用してみようと思ったのです。
実は、以前エロイプに関する記事を読んだことがあるのですが、その時はちょっと目に留める程度でした。
しかし、よくよく考えればスカイプでのエロトークであれば、お金をかけずに行えるわけです。
そんなわけで私は、エロイプについてじっくりと調べてみて、やり方や相手の探し方などを勉強しました。
もちろん、チャットの方も並行して行っていましたが、それが功を奏しました。
何と、アダルトチャットで親しくなった女の子と、エロイプの約束をすることができたのです。
いつも指名しているだけでなく、時々プレゼントもあげたりしているので、そのお礼としてエロイプをしてくれるとのことでした。
そんなわけで、スカイプに繋いで女の子とのエッチな会話を始めました。
チャットと違って、こちらは特に制限があるわけでもないので、女の子のオナニー姿も堂々と見せてもらうことができます。
普段からよくお喋りしている仲ではありますが、エロイプだとまた違った興奮を楽しむことができます。
もちろん、お金の方も一切かかることはありませんから、これが本当に魅力的だと言えます。
エロイプの素晴らしさと魅力を肌で実感したので、これから本格的に楽しんでいこうと思っています。
そのためには、まずは相手になってくれる女の子を探していかないといけません。

一方的に責められるエロイプもいい

エロイプをする時はいつも、自分から積極的に女性を責めるのですが、今回はその逆パターンを体験しました。
某サイトで知り合った女性なのですが、かなりドSな性格で男性を責めるのが大好きなみたいです。
場の流れや雰囲気で女性に責めてもらうことはありますが、終始責められ続けた経験は一度もなかったので、それを今回初体験したわけです。
早速エロイプの方を始めたのですが、すぐさま女性はマシンガンのように言葉責めをしてきます。
「このドM男が」、「踏んづけてあげようか?」、「このチンポいじめてあげる」などと、次から次へとこちらを罵倒する発言が飛び出てきます。
でも、これはこれでちょっと興奮しますし、普段こちらが責めることが多いですから、逆の立場になるのも悪くないと思いました。
そのまま、女性にどんどん責められ続けて、あっという間に撃沈してイカされてしまいました。
もちろんこれで終わるはずもなく、さらに女性は責め続けます。
2回3回と連続で射精してしまい、「お願いします許してください」という言葉が出てしまいました。

ようやく出会えて一夜を過ごせました

私はとある女性と1年半ぐらいエロイプをやり続けているのです。
普通なら、半年も関係が続けば御の字だと思うので、ここまで長く関係を続けられるのはかなり珍しい部類だと思います。
彼女とは、エロイプ以外にも普通に世間話をしたり、時にはお互いの悩みを相談することもあります。
そのため、本来であればとっくに出会っていてもおかしくない間柄なのですが、そうもいかない理由があったのです。
実は、私は九州の方に住んでおり、彼女は東北の方に住んでいるのです。
そのため、とても気軽に会いに行ける距離ではないですし、お互いに仕事がそれなりに忙しいこともあり、会える機会が全くなかったのです。
そんな中、ようやくお互いに同じタイミングで有給を取ることができたので、ついに彼女との出会いを実現させる時がやってきたのです。
私が東北の方まで行くことにして、空港に着いたら彼女が笑顔で出迎えてくれました。
エロイプでは数え切れないほど顔を合わせていますが、当然リアルではこれが初対面になるわけです。
なので、凄く新鮮味を感じますし、これまでとは全く違う気持ちでした。
とりあえず繁華街の方まで出向き、近くのカフェでお話をしました。
むろん、エロイプでお互いのことは話し尽くしているのですが、それでもリアルの会話はまた別ですから、とても楽しくお喋りできました。
その後も手を繋いで街中を歩いたり、一緒に食事をしたりして思う存分彼女とのデートを楽しみました。
そして、夜になればもちろんラブホテルへと向かい、待ちに待ったリアルでのセックスを楽しむ時がやってきました。
これまで、エロイプでは凄まじいほどのエッチをしてきましたが、こうして実際に体を交えてのセックスは、格別な興奮を味わうことができます。
時間を忘れるほどお互いセックスに没頭して、気が付けばすっかり日が昇っていました。
1年半越しの夢が実現して、まさに最高の1日でした。

20代ハーフ美女とエロイプして実際会えた話

私は、中年のオヤジです。
昨晩、20代の美女、そして、オーストラリアとのハーフとエロイプしました。
エロイプの前に現れたのは、キッチンで、裸エプロン姿で料理をする女でした。
僕の方に振り返っては、谷間を見せつけ、投げキッスをしてきました。
僕のあそこは、ビンビンになっていきました。
彼女は、谷間に、野菜を入れたりして、僕に見せてきました。
「カレー作ってるよ。人参好き?」
「僕は、うん。好き」
と答え、君は?と尋ねました。
「私も」
と言って、「この太くて、長いのが特にね」といやらしい表情で僕を見つめてきました。
そして、「人参もすきだけど、もっと、もっと好きなのあるの」と僕を見つめてきました。
「私の身体にはないものなんだ。でも、あなたは持っているわ」
とこれまたいやらしく言ってきました。
そして、「もう、野菜切って、お鍋に入れたから、しばらく待つ時間なの。何をしましょうか?」と近くにあった大きなキッチンテーブルの上に彼女が長い脚を絡ませ囁きました。
「見たい?」と一言。
僕がうなづくと、裸エプロンを取りさりました。
豊満なおっぱいが現れました。
そして、タイマーがなり、エロイプはさようならの時間です。
後、驚きの言葉が彼女から出ました。
「私に会いたい?優しくしてくれる?」
その後僕は彼女とホテルで実際に会い、彼女とエロいこと存分にしました。
彼女はハーフで、脚や手が長く美しいのです。
そして豊満なおっぱいに僕の顔面が包まれて、気持ちよくてしかたありませんでした。

Twitterで知り合った痴女

普段の様にゲームアカウントでTwitterで遊んでいるとひょんな事からとある女性と知り合いツイキャス等でやりとりしていました。
しばらくして、SkypeのIDを交換したらそれからSkypeで話すようになり、ある日唐突にSkype通話中に向こうから顔出し動画で身体を露出して来ました。
最初は胸の谷間等のまださほどの様でしたが段々と過激になっていき、乳首の露出はおろか局部も見せて来る様になりこちらはビデオ通話にしていない状態で自慰行為を見せられるまでになりました。
こちらとしても好みのタイプだったので向こうから誘いがあったのもあり一度会って実際にと思っていたのですが、Skypeを終えて一度冷静になると、実際に会って行為に及んだ場合のリスクに気付きました。
美人局の可能性は皆無だとしても他の男にも誘いをかけている可能性はかなり高かったですし、何よりもネット上で知り合っただけの相手に自分から局部や自慰行為を見せて来るという時点でこちらとしては正気を疑ってしまいました。
当然ながらそのエロイプ内容は筆者には良いものだった事に変わりはありませんが。
そういう理由で少し身の危険を感じたので、わざと相手が怒りそうな事を会話の中にさらっと入れて向こうから嫌われる方向にしました。
Skypeの特性でアカウントは無限に作れるのでアカウントの削除も検討しましたがTwitterのアカウントがはっきりと相手に伝わっている以上下手な事は出来ずそういう方面で上手く嫌われて別れる事になりました。

次のページへ >

更新日:

Copyright© オナ電って激ヤバ!エロイプ生オナ電話エッチのコツとおすすめサイト情報 , 2018 AllRights Reserved.