エロイプのコツはムード作り!理性を飛ばしてしまえばあとは簡単

白衣の天使とエロイプをしましたが男性との出会いが少なく情熱的です

SNSで知りあった女性とスカイプで楽しんでいたのですが看護婦をされている人でした。
仕事の愚痴を聞く事が多かったのですが、医師のセクハラから患者からの嫌がらせまで悩みを聞いていました。
常にストレスを抱えているみたいで疲れている様子でしたが、長年彼氏も居ない状態だったので癒される相手もいない状態だったのです。
固いお仕事なので真面目な話しかできないと思っていたのですが、寂しさをどうやって紛らわしているのか聞いた所、一人でやるしか仕方ないと弾けた話を始めたのです。
そこから一気に下ネタの話に展開をして行き看護婦の性事情の話になりました。
映画のワンシーンの様な医師とのエッチはあるのか、と聞いた所、空いているベットでやった事があると暴露を始めました。
他には夜勤の当直の日に椅子に座って一人エッチをしたり、トイレで声を潜めながらやった事があるそうです。
時間的な制約で出会いが無く一人で処理をする事が多いのですが、そんな状況でしたのでエロイプに誘うと簡単に応じてくれました。
最初は音声だけのエロイプだったのですがビデオで見せてとお願いをした所、始めは恥ずかしいと言い出し見せてくれませんでした。
ですが何度かエッチをしている内に見せてくれるようになり、見られる興奮を覚えて行ったのです。
ビデオで画面を見せながら挑発をするように迫って来るようになり、白衣を着ている姿も見せてくれましたので本職のリアルコスプレです。
サービス精神も非常に高く、ベットで四つんばいでお尻を突き出してくれたり、カメラを床に置いて下からアソコのドアップを見せてくれたり情熱的で過激さも凄いのです。
エッチなポーズにも応じてくれますし、長年彼氏が居なくて性欲が溜まっているので、さらけ出す様に彼女は乱れて行きました。
看護婦は白衣の天使と言われますがエロイプの天使でもありますし、白衣が更に興奮度を高めてくれました。

真面目に見える女子大生が実は

某SNSで女子大生のシホちゃんと仲良くなりました。
本当なら会って色々とお話したいところですが、如何せん住んでいる場所が遠すぎるので、スカイプを使ってコミュニケーションを取ることにしました。
さて、しばらくは何気ない世間話をしていたのですが、段々とエッチな方向へと会話が進んでいったのです。
最初は下ネタ好きの女の子なのかと思っていたのですが、声も方も徐々にやらしくなっていき、更にはとんでもないことを言いだしたのです。
「ねえ、オナニーしていい?」と聞いてきたので、思わずびっくりしてしまいました。
もちろん「いいよ」と答えて、シホちゃんはスカートのまま足を広げて、指をパンツに入れてオナニーを始めました。
もっとも、エロイプ自体は何度かやった経験があるので、普通であればそこまで驚くような展開ではないかもしれません。
ただ、彼女は見た目が凄く真面目に見える女子大生ですし、とてもエロイプをするようなキャラには見えなかったのです。
そのギャップにびっくりしてしまったわけですが、もちろんオナニー姿はじっくりと鑑賞させてもらいました。
なかなか美味しそうな足をしていますし、喘ぎ声がこれまた凄く可愛かったので、無意識のうちにこっちもシコっていました。
その後は、何とバイブまで取り出して、パンツを脱いでアソコに入れて感じまくっていました。
どんなAVよりも興奮するシーンですし、気が付けばお互い盛大にイってしまいました。

見知らぬ人妻と音声エロイプ、その後、リアルでエッチしちゃいました

サイトで知り合った女性に「エロイプしよう!」と持ち掛けてみたら、案外素直にOKをもらえてしまいました。
相手の女性は意外なことに新婚さんでした。
「なかなか結婚したがらない彼氏とやっとの思いで結婚までこぎつけたのはよかったけど、いざ結婚してみると『もう夫以外の男性とはエッチしちゃいけないのか?』と後悔するようになっちゃって・・・」というのが彼女の言い分だったのですが、男の俺でもその気持ちはなんとなく理解出来ました。
旦那さんが出張中の夜、寝室ノートPCを用意してエロイプに付き合ってくれたのですが、「恥ずかしいから音声だけね」と言って顔や体は一切見せてくれません。
「パンツを脱いでごらん」とか「そっと、あそこを触ってみて?」とか色々指示を出す度にインカムの向こう側で彼女の艶めかしい喘ぎ声が聞こえて、それはもう興奮しました。
散々俺にじらされた新妻さんは、最後の最後に大きな喘ぎ声を上げ、「うぅっ!」と低い声を漏らしながらイッてしまいました。
なかなか良かったのですが、やはり男の俺としては、どうしても彼女の裸が見たくなってしまい、映像も繋ぐようお願いしたのですが、彼女は頑なに拒否するのです。
何故そんなに嫌なのか?と尋ねてみると、「映像になると形に残ってしまう可能性があるからね」と言われました。
女性はそういう不安もあるようです。
でも何度も口説いてみると、彼女も本気でエッチがしたくなってしまったようです。
「じゃあ実際に会ってエッチしちゃおうよ」と誘ってみたら意外なことに即OKだったので、リアルでエッチしたい時には、まずわざと音声だけでエロイプをして「会ってみようよ」というのも一つの手なのではないかと思いました。

更新日:

Copyright© オナ電って激ヤバ!エロイプ生オナ電話エッチのコツとおすすめサイト情報 , 2018 AllRights Reserved.